シロアリ駆除費用相場の詳しい詳細

被害や種類などで金額が異なる

シロアリの種類
住宅に悪影響を与えるシロアリには、ヤマトシロアリとイエシロアリが存在します。またアメリカカンザイシロアリも住宅に悪影響を与えるシロアリの一種であり、最近では海外製の家具などに潜んで国内へと侵入してくることが多いです。
被害状況
シロアリ駆除を実施する場合は、なるべく被害が小さいうちに施工を行なっておくのが最適です。こうした対応を行なっておけばシロアリ駆除にかかる時間も短縮することができますし、出費も最小限に抑えられるようになります。
建物の構造
シロアリ駆除費用相場と実際の施工費用に差が出るのは、施工を行なう業者によって駆除費用の計算方法が異なるためです。施工を依頼する際は業者の計算方法を事前に確認しておき、施工費用の総額を把握しておきましょう。

下駄箱に発生させないように対策するには

下駄箱に再発しないための掃除

清掃する

下駄箱に発生したシロアリを駆除した後は、定期的に掃除機で下駄箱をきれいに清掃する必要があります。こうした対応を行なえば中に湿気が溜まるのを防ぐことができますし、靴に付着していたゴミなどもしっかり取り除くことが可能です。

水吹きをして乾かす

ゴミを掃除機で吸い出した後は濡れた雑巾などで水拭きを行ない、内部の汚れをきちんと落としておきます。水拭きが完了した後は扉をそのまま開けた状態にしておき、内部がきちんと乾燥するまでしばらく待ちましょう。

新聞を敷いておく

下駄箱の中がきちんと乾燥した後は新聞紙を敷き詰め、湿気が残らないようにします。新聞紙で下駄箱の湿気を取り除いておけば、カビなどが発生することはありません。脱臭効果もあるので、靴の臭いを取り除くのにも最適です。

定期的に点検を行う

シロアリ駆除を実施した後は定期的に点検を行ない、シロアリが再び発生しないように注意する必要があります。約5年程を目安にシロアリ点検を繰り返し行なっていれば、シロアリ被害の再発を未然に防ぐことが可能です。

TOPボタン